「あの人なんかイラつく」は思考法が違うから

この記事はメルマガで配信した内容を再編して掲載しています。

思考法とは、認知の仕方を言います。

「いま、目の前で起こった出来事」を、どのように脳で処理するかです。世界の見方と言ってもいいですね。

【認知】とか難しいので、単純に思考法としています。これがですね、人によって優先的に使う身体機能が違います。

  • 視覚
  • 聴覚
  • 言語

という3種類なんですが、得意な機能は人それぞれ違うんです。

目の前の出来事をどう捉えるか

たとえば、目の前で小さな子が転んだとします。

視覚優位の人は、

  • 小さな子
  • 前のめりで態勢を崩した
  • 地面はアスファルト
  • 近くに車がある

など、視覚から優先して情報を収集します。

聴覚優位の人は、

  • ズドンという体を打ち付ける音
  • ビエーンという泣き声

など、音から情報を収集します。

同じ「小さい子が転んだ」という現象でも、人によって見ている世界が違うのです。

というのが、私も以前から知っていた思考法のベーシックな説明です。

思考法の違いを知ると世界が変わる

なぜ、改めて思考法の話をするかというと。

自分と違う世界の見方をする人がいるとわかると、相手の言動の意味がわかるようになるんです。得体の知れない恐怖がなくなる。

「なんかイラつく」と思うあの人も、実は自分と同じように一生懸命だった。ということが、スルスルと腹落ちしていくのです。

そうすると、むやみに

私が傷つけてしまったのかな

私の配慮が足りなかったばかりに

私が無力だったから

と、自分責めをしなくなる。

 

なぜ、わかってもらえないの?

なぜ、気持ちが通じないの?

という、フラストレーションもなくなる。

実際に、私はここ数か月『違い』を知ることで、見えなかった優しさや愛情に気づけるようになって、世界は優しかったと実感できるようになったんです。

生きることへの安心感が増したよ(ノД`)・゜・。

3Dタイプと2Dタイプ

長々と前置きをしましたが、私の自己理解を助けてくれたのが、最初にご紹介したベーシックな【認知】の説明ではなく。

人間には、時間軸を持っていない3Dタイプと時間軸を持っている2Dタイプがいるという【時間軸を絡めた思考法の違い】です。

ちなみに、

  • 視覚優位は3D
  • 聴覚や言語優位は2D

です。

「アンナと黒岩って誰?」という方>>【分断を生むエジソン】上納アンナと黒岩仁の人物像

HSS型HSPの2タイプと思考法

少し前にブログで解説していた、イノベータータイプとコーディネータータイプは、時間軸を持っているかの違いだったんです!

ずっとね、「確かに、イノベーターは内向が強い気もする。でも、それだけじゃない。両者は明らかに何かが違う」と思っていだけど、何かわからず。

一時は、「外向内向って表現がわかりやすいのかな」となり、コーディネータータイプは外向的なHSS型HSP、イノベータータイプは内向的なHSS型HSPとしました。

だけど、違いは【思考法=現象の捉え方=認知】だと知ったとき

これだ!!!

と、ものすごくスッキリしたんです( ゚Д゚)!!!

わからなかったあの人の愛情に気づく

そしたら!

今まで謎だった、あの人もあの人もあの人も。なんだか責められている気がしたあの人も。

なーーーんだ2Dタイプだったのか!

私と見ている世界が違うだけで、愛されていることに変わりはないのか!

 

と思えるようになったのです( ;∀;)

※私は3Dタイプ

HSPがホルモン分泌や神経系の違いなら、思考法は身体機能の違いです。

これがわかると、より一層自己理解が深まるので、人間関係での摩擦や消耗が減ります。

そして、自分に合った心地よい【人・物・環境】を選べるようになるんです!

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事