【分断を生むエジソン】アンナの3D思考と黒岩の2D思考

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

北野唯我さんの『分断を生むエジソン』に上納アンナと黒岩仁という2人の人物が登場するんですが、正反対の思考方法を持っていて面白いです。

北野さんは思考方法と表現していますが、実際は【認知特性】の解説なんですよね。

とてもわかりやすくて、私は自分が上納アンナタイプだったと気づいて、「だから人とすれ違ったのか!」と一気に視界が開けた感じがします。

<参考>【分断を生むエジソン】上納アンナと黒岩仁の人物像

認知とは

認知とは、目の前の出来事を「そこにある」と意識して捉えることです。

脳に情報を入れて、精査して、記憶する。

この認知の方法は人によって得意なスタイルが違って、次の3種類に分けられます。

3種類の認知特性

  1. 視覚優位型
  2. 聴覚優位型
  3. 言語優位型

この3種類のどれを優先して使っているかで物事の捉え方が変わります。

アンナの3D思考と黒岩の2D思考

分断を生むエジソンには、上納アンナと黒岩仁という対極な性格の2人が出てきます。

この2人は認知特性(思考方法)が違うんですね。

本の中にわかりやすい図が出てくるのですが、著作権のアレで写真は控えて…自前の画像で解説します。

時間軸がない3Dアンナ

アンナの思考法は、視覚優位タイプのことを指しています。3Dで立体的に物事を捉えていて時間軸が存在しません。

黒岩もまた「面白い」、そう思った。

アンナの思考法はたとえるなら立方体である。3次元。

世界を全て3Dの世界で捉えている。しかし、そこに時間軸はない。

絵や映像からの情報を処理するのが得意ですが、時間軸の概念がないので一気に全体像をとらえるんですよね。

ドラマを見ていて1話抜けると前後の関係性がわからなくなるタイプです。

<参考>3Dアンナちゃん「必死に主張すると不思議な目で見られる」

時間軸のある2D黒岩

黒岩の思考法は、聴覚や言語優位のタイプを指します。2Dで平面的に物事を捉えて時間軸が存在します。

一方で黒岩の思考法はたとえるなら数式である。2Dなのだ。

世界を音とリズムで捉えている。したがって両者の思考には決定的な違いがある。

「時間軸」と「立体性」が異なっているのだ。

音やリズムで情報を処理するのが得意で、時系列で因果関係を掴んで記憶します。

テストで暗記するとき語呂合わせを作って覚えるのが上手いタイプです。

<参考>2D黒岩さん「綿密な計算に縛られて動けなくなる」

アンナの世界は「過去現在未来」が同時に存在する

ここから3Dアンナの思考法を持つ私の感覚をお話しますが、「こいつヤバいやつだな」と思ったら、すぐに画面を切り替えてくださいね。

ピンと来た人、気になる人だけ先に進んでください。

 

私は時間軸がありません。というか、分断を生むエジソンの解説を読んで

「他の人は時間軸に沿って物事を見ていたのか!!」

と衝撃を受けたのです。

私の脳内では、次のように物事が再生されています。

アンナの思考法に時間の概念を足してみました。

1年前も、今日も、来年も。同じ【今、頭の中に流れている映像】として脳内で再生されているので、何も考えずに人に物事を説明すると、時間軸がぶっ飛んでいるので

は???( ゚Д゚)

という反応をされるんですよね。苦笑

2D黒岩の世界で生きる3Dアンナたち

私の感覚ですが、学校も会社も2D思考の人が暮らしやすいように作られていると思います。

学校のカリキュラムや年功序列などは、全て時間軸のある人の考え方です。

1年目でこれをして、だから2年目ではこうなる、ってことはあと3年すればこうなるかな…といった具合に、時系列で物事を捉えて、再現性を持たせて繰り返し行動できる人たちです。

その世界で【過去・現在・未来】を同時に感じている、視覚優位の3Dアンナは生きている。

そりゃコミュニケーションはすれ違いますよね。

同じ出来事を見ていても、情報処理の仕方、記憶の仕方が違うんですから。そして違うことすら知らない。

みんな自分の見ている世界は【当たり前に相手も同じだ】と思っているから。

分断を生むエジソンではストーリー仕立てでそれぞれの特性の違いが解説されているので、興味のある人は読んでみてください。

関連記事