• HOME
  • 境界線
  • 振り回されて悩む時間が激減する!今スグできる自分軸の作り方

振り回されて悩む時間が激減する!今スグできる自分軸の作り方

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

人に振り回されて、自分の感覚が後回しになっていると感じる人は、自分軸を作ると悩む時間がグッと減ります。

今回ご紹介するやり方は、実際に私が取り組んだ方法なんですが、忙しくてまとまった時間を取れない人も、今スグできるので試してみてください。

自分軸がない=意識していない

『自分軸を作る』と聞くと、なんだか壮大な作業のように思いませんか?

確かに、人生の方向性を見極める時期では、じっくり腰を据えて考えることも必要ですが、実は日々の習慣で作られるものなんですね。

じゃあ、自分軸がない人は何が原因かというと、普段から意識していないだけ。

意識していない⇒許容範囲がわからない⇒言語化できない⇒人に説明できない

こういうパターンに陥っているのです。

 

自分軸とは、確固たる信念だけでなく、許容範囲を明確にすることでもあります。

だから、日常生活で取り入れた『物』『習慣』の理由やメリットを把握しておくと、人にも説明できるようになるので、交渉や選択がスムーズになるんですね。

YouTuberごっこのススメ

私のオススメは、YouTuberごっこです!!

あ、大丈夫です!ごっこなんで!実際に投稿しなくてもいいですよ。(思い切って投稿してもいいですけど。笑)

ちょっと恥ずかしいかもしれないけど、ひとりで家にいるときとか、やってみてください。

購入品紹介

日用品や服などを購入したら、選んだ理由を考えます。そして、実際に人に説明することを想像しながら紹介します。

  1. 気に入ったところ
  2. 購入の決め手
  3. (悩んだものがあったら)選ばなかった理由

実際に購入品を手に取ってカメラに見せるように、「この質感がたまらないんですよ~」みたいに。

私は、やってる姿を人に見られると恥ずかしいので、部屋のパソコンの前で小声でやってました。笑

ポイント

購入してスグにやるだけじゃなくて、時間が経ってから、良かった点、想像と違った点などを振り返るのもオススメです。

ルーティン紹介

YouTubeでよく見ますよね、オシャレなルーティン紹介の動画。こちらは、実際に動きながら、脳内でナレーションをしてみます。

朝の準備や、夜の寝る前に、

  • なぜやっているか?
  • どんなメリットを感じているか?
  • やり始めたきっかけは?

といった項目を、人に説明することを想像しながら実況中継していきます。(つぶやいてもいいし、頭の中で考えるだけでもOK)

ポイント

購入品紹介と一緒で、実際の動きと連動させるのがコツです。じっくり机に座って書き出すのではなく、実物を体感しながら、そのときに湧いてきた感覚を言語化させます。

基準が明確になれば悩む時間が削減できる

最初は違和感があるし、言葉もすぐ出てこないかもしれませんが、続けると『選択の理由や基準』が明確になってきます。

私は、買い物に行くと、たくさんの商品に圧倒されて気持ち悪くなって、結局何も買えずに帰ってくる…なんてことが多かったんですね。

YouTubeを見ていて、「みんな拘りがあってすごいなー」と思っていました。そこで、真似してみたら、どんどん自分の基準がわかるようになったんです!

日常生活で行動の客観視ができるようになると、自分に合うものが見つかりやすくなり、人間関係でも自分軸が作られるようになるので。

まずは、直近で購入したものや、目に付いたものでも大丈夫!「なぜ、選んだの?」と考えて、人に説明する練習をしてみてください!

それでは~

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事