【境界線】HSPは公園、非HSPはマンション

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPは境界線が薄く、物理的にも感情的にも「線引き」が苦手です。それに対して非HSPはしっかりと「私」「それ以外」を区別しています。

HSPの世界は「公園」

HSPの境界線の感覚は、「公園」にいるようなイメージです。

たとえば、自分が砂場で遊んでいたとして、他の人の状況も横目で感じられるくらいの線引きです。

目の前の砂でトンネルを作りつつ、

  • 滑り台で遊んでいる子楽しそう!
  • ベンチに座ってるおじいさんは疲れてるのかな?
  • あ!サッカーボールは危ないよ!

みたいに、周囲の動きを自然と察知する脳を持っています。

だから、体は動かさず黙々と砂でトンネルを作っていても、終わるころには脳疲労によってグッタリしているのです。

非HSPは「マンション」

非HSPの境界線の感覚は「マンション」にいるようなイメージです。

お隣さんや上の階の人は同じ建物の中にいるけど、自分のプライベートゾーンは壁や扉で仕切られています。

テレビを見たり、ペットと遊んだりしつつ、

  • 上の階の人歩いているな
  • お隣さんトイレ入ったかな

など、他人の生活する気配は自然と頭に入ってきますが、すぐに意識を戻すことができます。

壁の厚さは人それぞれですが、しっかりと区分けされています。

HSPの境界線対策は「いる場所」を意識する

HSPが境界線を作るとき、まずは「私の体はココにある」と、自分のいる場所を意識することから始めるのがオススメです。

非HSPを目指して壁や扉を作ろうとしなくていいです。というか、持っている体が違うので、HSPは公園の世界で線引きをすればいい。

非HSPは意識しなくても、生まれたときからマンションの住人なのです。

扉や壁を作ろうとして作っているのではなく、もともとその世界に住んでいるだけなんです。

 

HSPは生まれたときから公園の住人です。

ざっくりと区分けされているけど、常にたくさんの情報を吸収しているので。

「私の体は砂場にあるけど、あの人はブランコにいる」と意識する。

ブランコが楽しそうなら、砂場から出て一緒に遊べばいいし。サッカーボールが怖いなら、砂場から「もう少し遠くでやってくれない?」とお願いすればいい。

HSPにはHSPの境界線の作り方があるので、非HSPと同じようにしなくていいのです。

関連記事▷私が愛されなかったのは、お母さんが非HSPだから?

 

HSS型HSPにオススメの書籍”]HSS型HSPの知識は、時田さんから教えてもらったことを参考にしています。

「かくれ繊細さん」は、少数派の内面を的確に表現されていて、自己理解を深めるのにオススメです。

HSS型HSP気質な個性研究家|心理分析士|気質と性格から『個』の『性質』を知り、自分らしいライフスタイルを作る方法を発信中

関連記事