HSPHSS

HSPHSSを知ってもすぐ行動できない理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPHSS気質を使って、仕事や生活を楽にできる人と、変わらず苦しいままの人。

その違いは「恐怖に打ち勝つ勇気を出せたか」です。

特別な方法を使ったとか、鋼のメンタルを手に入れたからではなく。

では、両者の明暗を分ける『恐怖』について、もう少し詳しく説明しますね。

HSPHSSを知ってもすぐ行動できない理由

HSPHSSを知って、生きづらさの原因が気質にあると気づいたとき。

次の瞬間に「明日から気質を活かして自由に生きよう!」と行動に移せる人はいません。

みんな最初の1歩を踏み出すまで時間がかかります。

なぜでしょうか?

HSPHSSは自己啓発

HSPHSSは医学用語ではなく、人間が持っている体の特徴を表す【心理学用語】です。

診断されたからといって、福祉的なサポートが受けられるわけでもなく、薬を飲んでも消えません。

だから、

診断された

医師の指示を受ける

その通りに生活する

というお決まりのレールがない。

心理学は自己啓発の領域として捉えられることも多く、取り組む強制力が弱いんですよね。

効果の保証がなく強制力もないことに取り組む恐怖

HSPを扱うのはカウンセラーさんがメインなので、「答えはあなたの中にある」というスタンスです。

となると、めちゃめちゃ不安じゃないですか!?!?

取り組んだからといって効果の保証もなく、強制力もないのでやるかどうかは自分次第。

このまま進んで大丈夫なの?

誰を信じてアドバイスを受ければいいの?

私にできるの?

そんな恐怖を抱えて葛藤するのは当然です。

楽になれるチャンスなのに足がすくむ

HSPHSSは、あなたに問題があるのではなく、遺伝的な『特徴』です。

そう言われると、自分を常に監視して、欠点を探して努力してきた人は、

「もう頑張らなくていいんだよ。」

「生きづらさは、あたなのせいじゃないんだよ。」

という、楽になれるチャンスを手にしたとき、心が激しく拒否反応を示して足がすくみます。

なぜなら、自分を守るために

  • とにかく頑張る
  • 否定して追い込む
  • 本音を無視する

という『努力の鎧』を何重にも身に着けているから。

突然「もう頑張らなくていいんだよ」と言われても、もう一人の自分が拒みます。

変化を拒む心の声(例)

もう一人の自分の声は、たとえばこんな感じ↓

なんで「いらなかった」なんて言うの?

今まで、こんなに一生懸命守ってきたのに、急に必要ないって、どういうこと?

私のやり方は間違ってたの?ねぇ!!

私を無視して自分だけ楽しようっていうの!?

あなたが「もっと頑張れ」って言うから!

こんなにボロボロになっても一緒にいたんじゃない!

そのままの自分なんて出したら、またあのときみたいに傷つくよ?

笑われるよ??一人になっちゃうよ???

本音を出して自由に振舞ったら、周りに迷惑かけるよ。

嫌な顔されるよ。

それでも、そっちに進むっていうの?

ねぇ。怖い!怖いよ!

過去の自分をしっかり認める

今回紹介した

  1. 結果が保証されていないことに取り組む恐怖
  2. そのままの自分を認める恐怖

という2種類の恐怖は、しっかり感じ切ると自然と落ち着いてきます。

焦らずネガティブな気持ちを全部聞いてあげて欲しいです。

改善の前に、過去の自分を「良く頑張った」と認めてあげる。

やってきたことは間違いじゃない。

これから別のやり方を試してみるだけ。

そして時間をかけて納得できれば、自然と勇気が湧いてきます。

そのときに、1歩踏み出せれば、あとは勢いがついて一気に好転していきます。

やればやるほど生きやすくなる、良いループに入れますよ。

それでは。

この記事はメルマガの内容を再編して掲載しています。
HSPを知ったけど「なんかシックリこない」と感じる3つの理由こんにちは、ももか(@momohsphss)です。 HSPは医学的な名前ではなく、セルフチェックで診断します。 私は、ほぼチ...