• HOME
  • HSP
  • HSPHSSを知ってもすぐ行動できない理由

HSPHSSを知ってもすぐ行動できない理由

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPHSSを知って、生きづらさの原因が気質にあると気づいて、すぐに行動に移せる人は少ないです。

最初の1歩を踏み出すまで時間かかるんですが、大きな理由はふたつあります。

強制力が弱い

HSPHSSは医学用語ではなく心理学用語です。福祉的なサポートが受けられるわけでもなく、薬を飲んでも消えません。

だから、医療のように【診断された→医師の指示を受ける→その通りに生活する】という決まったレールがありません。

心理学は自己啓発として捉えられることも多く、取り組む強制力が弱いんですよね。

HSPを扱うのは主にカウンセラーさんなので、「答えはあなたの中にある」というスタンスです。

となると、めちゃめちゃ不安じゃないですか!?!?

効果の保証や強制力がないので、やるかどうかは自分次第。

このまま進んで大丈夫なの?私にできるの?そんな恐怖を抱えて葛藤するのは当然です。

「あなたのせいじゃない」が甘い誘惑に感じる

自分を否定しまくって、欠点を補う努力をしてきた人は「あたなのせいじゃない、もう頑張らなくていいよ」という言葉が甘い誘惑に感じるんですね。

楽になれるチャンスを前に、心が激しく拒否して足がすくみます。

なぜなら、自分を守るために

  • とにかく頑張る
  • 否定して追い込む
  • 本音を無視する

という『頑張る鎧』を何重にも身に着けているから。

突然「もう頑張らなくていいよ」と言われても、もうひとりの自分が拒みます。

もうひとりの自分の声(例)

もうひとりの自分の声は、たとえばこんな感じ↓

私のやり方が間違っていたの?

今まで一生懸命守ってきたのに、捨てるつもり?

また楽するんでしょ。頑張らないって甘えだよ。

自分らしさ出したら、あのときみたいに傷つくよ。笑われて、ひとりになっちゃうよ。

本音で自由に振舞ったら、周りに迷惑かけるよ。それでも進むの?

行動につなげるには

今回紹介した

  1. 結果が保証されていないことに取り組む恐怖
  2. 頑張らなくていい恐怖

という2種類の恐怖は、しっかり感じ切ると自然と落ち着いてきます。焦らず、ネガティブな気持ちを全部聞いてあげて欲しいです。過去を否定するのではなく「良く頑張ったね」と認めてあげる。

そのうえで1歩踏み出せれば、勢いがついて一気に状況は好転していきます。やればやるほど生きやすくなる良いループに入れますよ。

それでは。

 

◇関連記事◇

関連記事