人が嫌いなのに好きで求めてしまうジレンマ

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

私は、自分の2面性にずっと悩んできました。

すっごく寂しがりなのに1人が好き。人が好きで誰かと一緒にいたいし、話を聞きたいし、お出かけしたい。

だけど、急に誰とも会いたくなって、どうやって接していいかわからなくなる。

人が好きだからこそ

人間関係を継続させることも苦手で、一気に仲良くなったかと思うと、急に嫌なとこばかり目につくようになって離れる…の繰り返し。

人は集まって来てくれるし、コミュニケーションも取れるけど、いつもどこか孤独を感じることが多かったです。

HSS型HSPを知ってからは、それが自分の気質なんだと理解しました。

高い共感力で相手と同調しすぎると疲れてしまう。

相手が自覚していないような、「エゴ」「見栄」なども透けて見えてしまうため、勝手に落胆してしまうんですね。

人が好きだから観察しすぎて、見たくないところも見えてしまう(;´Д`)

そんな感じです。

良いところだけ見せる関係でいいの?

今思うと、私は人間関係にも自分にも『完璧さ』を求めすぎていた気がします。

常に綺麗であって欲しかったんです。泥臭い言い合いとか、感情と感情がぶつかるようなことは避けたかったんです。

平和で、みんな笑顔でいるのが何より心の平穏だったので、自分の気持ちを隠して良いところだけ見せようと努力していました。

だけど、あるとき自分に聞いたんです。

「良いところしか見せらない、上辺のつながりが欲しいの?本当に私が求めていることなの?」って。私から返ってきた答えは「NO」でした。

変なこと考える私も、好奇心旺盛だけど疲れやすい私も、受け入れてくれる人を大切にしたい。そういう人と付き合っていきたい。

薄情とは違う

自分がHSPだと知って、私は人付き合いも多くは管理できないとわかりました。それは、『薄情』とは違います。

数は多くないかもしれないけど、今目の前にいる人を全力で大切にする。自分を理解してくれる人を同じように大切にする。

それが、私サイズの愛情表現であり人間関係の築き方なんです。

相手からどんなに求められても、全てに答えられないのはお互い様です。

このことに気づいてから、私はそれまで以上に、人とのつながりを大切にしたいと思うようになりました。

人が好きだから傷つくし、不安になる。時々、投げ出したくなる。この相反する感情は、2つで1つなんです。

関連記事