キャリアデザイン

「自分とは何者なのか?」を意識し特性を活かしたポジションを得られました【感想】

2か月集中プログラムを終了したAさんから感想をいただきました(*^^*)

2か月集中プログラム感想

ももかさん、2ヶ月集中プログラムを受けさせて頂きありがとうございます。

 

私は2020年3月にHSPを自覚し、HSS型HSPに辿り着きました。

ももかさんのTwitterをフォローし、伝えてくださる情報を元に創意工夫しました。

しかし感情や繊細さからくる傷つきやすさをおさめるとは行かず、行き詰まりを感じていました。

 

そんな時、ももかさんが単発セッション開始されるとお知らせがありました。

お値段は正直ポンと出せる額ではないですが、現状を打破したいとおもい申し込みました

プログラムの初めの説明でワークを見た時、「続けていけるかな」と不安になりました。

でも、ももかさんは私の生活や状態を見て、細やかなフォローをしてくださり、「何かあればいつでもLINEくださいね」と励ましてくださいました。

体調不良や疲れで面談日をずらしてもらったりしながら、無事プログラムを終えることができました。

 

ワークを通して、日常で流しがちな自分の感情や反応、考え方の癖を改めて客観視し、”自分とは何者なのか?”という境界線と自分軸を意識し、仕事での配置転換でも勇気を出し、自分の特性を生かしたポジションを得られました。

ももかさん、本当に気分屋で繊細な私を受け止め、二人三脚していただきありがとうございます。

このプログラムで更に悩むHSPやHSS/HSP、HSEの方々が自分を見つめ、受け止め、歩いていくことができますように心からお祈りします。

境界線と自分軸が出来れば特性を活かしたポジションを得られる

Aさんは、雑記ブログのお悩み相談室、単発セッション、そして集中プログラムを利用してくれた方でした。

初めて相談を受けたときと比べて、本当に別人になったみたいに生き生きしていて!!

最後の面談のとき、キラキラしながら自分のことを話す姿を見て、思わず涙ぐんでしまいました(;_:)

 

感想にもあるけど、境界線と自分軸ができれば、転職せずとも心地よい働き方はできます。

本来持っている能力と、それを発揮するのに必要なことがわかるので。逆に、何が空回りの原因かも見えてきます。

集中プログラムは完全オーダーメイドで、気質、性格、現在の状況に合わせてカスタマイズして進めるので、それなりの値段に設定していますが。

周りのペースに乱されることなく、その場の正解も探さずに済むので。

家庭教師みたいなイメージで使ってもらえればなと思います。

まずは単発セッションからどうぞ▽

単発セッションこんにちは、ももかです。 単発のセッションでは、『自己肯定感の土台作り』と『境界線の強化』に重点を置いて、問題解決の糸口を探ってい...
RELATED POST