• HOME
  • 雑記
  • 「もう大丈夫」が生きる安心感になるとき

「もう大丈夫」が生きる安心感になるとき

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

生きづらさを抱えていた頃、セラピストさんに相談したとき何度も「ももかさんは大丈夫。」と言われて前向きに生きられるようになったので。

私も同じように「大丈夫だよ」と言うんですけど、クライアントさんがみんな笑顔になるんですよね。

突き放される「大丈夫」と、安心する「大丈夫」

すごく不思議だったんです。なぜ、あのときセラピストさんに同じ言葉をかけられて、180度違う感情が沸いてきたのかなーって。

自分が言う側になって、励ましではなく『受容』の気持ちを込めて言っているから、安心感が湧いてくるんだと思いました。

同僚や友達に相談して「大丈夫だよ」って言われると、この人には理解してもらえなかったと寂しくなるのは、私の努力や葛藤にあまり深く共感されないまま、なんだか突き放されているような気持ちになるから。

つらさも苦しさも葛藤も受け止めてくれて、そのうえで言われた「大丈夫だよ」は、すごく安心する。

生きることに安心する感覚

たぶん、この微妙な言葉の裏に隠された気持ちの違いが気になっちゃうのも、HSPだからなんでしょうね。

私はとくに、母からよく「ももちゃんは何でもできるから大丈夫」的な励まし方をされて育ったので。できるから大丈夫って言われちゃうと、弱音吐いたらダメだと思ったり。

つらいのに、もっと頑張らなきゃいけないの?(/_;)

っていう気持ちになって、息苦しさが増してたんですよね。

私はセラピストさんに何度も大丈夫って言われて、最初はよくわからなくて、「はぁ…(^^;」って感じだったけど。

終わるころには、なんか知らないけど、私は大丈夫なのかーって思って。

家に着いたときに「毎日幸せって思っていいんだぁ(゜o゜)」と感じて、生まれて初めて存在すること自体の安心感に包まれたんです。

生きることに安心する感覚って、こういうことか!と本当に嬉しくなった瞬間でした。

言葉の裏に隠したメッセージ

感覚的に効果を感じていて、同じようにクライアントさんに使っている「大丈夫」という短い言葉ですが。

私は言葉の裏に、様々な想いを込めています。

  • よく頑張ったね
  • そのままでいいよ
  • 何も悪くないよ
  • 生きていいんだよ

こういうメッセージを含めて、心を込めて「もう大丈夫(^-^)」と言います。

不思議なことに、みんなフッと笑みがこぼれる。その瞬間に、クライアントさんを取り巻く空気が軽くなるのを感じて、私もあったかい気持ちになるんです。

言葉の裏の本心を見抜くことができるHSPだからこそ、私の意図もきちんとキャッチしてくれる。

この仕事しててよかったと思う瞬間です(*^^*)

関連記事