そろそろ「HSP=弱さ」にするの、やめません?

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

先日、ふと思ったんです。

こんなに【HSP=弱さ】という印象が根強いなら、スピリチュアル関連の人しか発信していなかった4~5年前の方が、ずっと前向きだったなーって。

HSPは弱さに逃げている?

クライアントさんから、すごく聞くんですよ。

「『私はHSPです。』と人に言ったり、自分で認めてしまうと、なんだか弱さを正当化して逃げている気がして…」

うん、うん。そうなるよね

だって、今HSPって聞くと、汗かいてビクビクおどおどして、ビビりで意思が弱くて、すぐへこたれるダメ人間みたいなイメージあるもんね。(言い過ぎ)

確かに、自分の一部に、臆病で気にしいな面があって、当てはまると感じるでしょう。

だから、

HSPの繊細さを『解決すべき問題』として、どうすれば克服して楽になれるか

の話になるんです。

ダメな自分を問題にした方が「楽になる」より楽

HSP気質を通して人生を楽にしたいのにシックリこない人は、気質を使って変化するタイミングではないです。ダメな自分を証明したいので、問題が解決しない方が、楽になるより楽なのです。

気質は努力しても消えない事実だから、薬を飲んだり治療して改善するものではなく、一生付き合っていくので。

「あなたが苦しいのは、持って生まれた気質が原因です。気質はもともと備わっている『繊細さ』という才能です。」

と言われると、才能で苦しんでいる人は、【繊細】なんてデメリットしかないじゃないですか。消したくなるし、弱さを正当化していると思いたくもなりますよ。

だから書籍に書いてある

「ポジティブな感情も大きく感じられる」

という部分を無視して弱さと結び付けるのは、解決すべき問題を抱えている方が、何も問題ないと認めるより楽だからなんですよね。

思考の癖は変えられる

気質は体の特徴なので、それ以上でもそれ以下でもありません。あなたを苦しめているのは、思考の癖が原因です。

今回で言えば、「HSP気質は変えられないから、ずっと生きづらい」としてしまう『結論の飛躍』という思考の癖です。

そして、思考の癖は変えられます。

HSP気質を持つ自分とどう付き合っていくかを最終的に決めるのは、コーチでもカウンセラーでもなく自分自身です。

関連記事