生きづらさ解消につながる「コピーした感情」の見抜き方

こんにちは、ももか(@momohsphss)です。

HSPにはもっと「感情をコピーしてるんだ!」っていう意識を持ってほしいので。

今日は、

  • 人の感情をコピーして自分が感じている感情
  • 生きづらさ解消につながる実際に自分から湧いてきた感情

の見分け方について、お話をしたいと思います。

コピーした感情と自分の感情の見分け方

コピーした感情と自分の感情の見分け方のポイントは、【自分に対して直接何かされたか】を見て欲しいんですね。

  • 直接悪口を言われた
  • 直接怒られた
  • 自分が相手に直接何かしたことで湧いてきた

これらは、大切に扱うべき自分から湧いてきた感情なんですね。

 

HSPは、場の空気を察する力をすごく持ってるんですよ。

場の空気が悪いと、敏感に察知して「自分が悪いことをしたんじゃないかな?」って自分責めをしたりとか。

目の前で怒ってる人がいると、「私があの人に悪いことをしたんじゃないかな?」とか、全然関係ないところから自己否定していることがすごく多いんですね。

冷静に考えてみると、明確な因果関係が全然ないものに対しても、自分を責める材料にしちゃうんですよ。

なので、『コピーした感情』なのか、それとも自分が本来ちゃんと大切にしなきゃいけない『自分自身の感情』なのかっていうのを見分けるのをポイントとして、自分に対して何かされたか(言われたか)どうかを基準にしてほしいんですね。

ももかのエピソード

参考までに、私のエピソードをそれぞれご紹介してみます。

コピーした感情に気づいた話

まず始めは、コピーした感情に気づいた瞬間ですね。

何年前だろうなぁ…HSPを知って生きづらさ解消に乗り出した時期だったんですけど。

一人で買い物をしていて、休憩しようと思ってカフェに入ったんですね。

ゆっくりお茶をしてたんですけど、隣が女子高生の二人組で、すごいピートアップして彼氏の悪口を言っているんです。

「この前LINEがきたんだけど!まじムカつく!」

みたいな話をしているわけですよ。

席の間隔が狭かったので、ぼーっとしてたら会話が聞こえてきちゃったんですね。

 

お店を出る頃になると私もなぜかイライラしていて。

女子高生の会話が頭の中にこびりついてしまって「お互いもっと尊重しあって仲良く付き合えばいいのに!」みたいな、なんかわかんないけどイライラするっていう状態になっちゃったんですね。

これは、隣の女子高生の彼氏に対するイライラをコピーしている状態です。

 

それで、帰ろうと思って電車に乗ったときに、

  • 「あれ?もしかしたら、これって彼女の気持ちをコピーしただけじゃないの?」
  • 「本当の私の感情じゃないのかも!」

って思った瞬間に、スーってイライラがなくなったんですよ!!!

 

それを経験してから、なんかわかんないけどイライラする、自分のことを責めちゃうっていうときは、一番最初に

https://mentoreblog.com/wp-content/uploads/2020/08/プロフィール-300x300.jpg
ももか

ちょっと待てよ。これってだれかの感情をコピーしてるんじゃないの?

って疑うようになったんですね。

そうすると、だいたい2回に1回くらいは誰かの感情をコピーしているだけだったと気づけるようになりました(^^)/

大切に扱うべき感情に気づいた話

逆に、自分が本来向き合うべき、大切に扱うべき感情を見つけたときのエピソードもご紹介しますね。

職場の先輩に「マイペースだよね」って言われたことがあって。

言われた瞬間は、モヤッとしただけなんですけど、後から会話したシーンが頭の中に何度も浮かんできて。

「もしかして私に対する嫌味だったのかな?」とか色々考えだすとイライラしてきて、

なんかムカつく(-“-)

って思ったんですね。

これは、職場の先輩から直接言われた言葉なので、それに対する私の感情の反応だったり、思考なので大切に扱うべきものになります。

この場合は「マイペースだよね」って言われたときに何を考えていたのかを振り返ってみて、反応の癖とか思考の癖を深堀していく方法が有効なんですね。

  • ダメな奴って言われた気がする
  • マイペースって言葉では言ってるけど、本音は「こっちは迷惑なんだよ」って言ってるように感じちゃう

とかを書き出してみて、それに対する反論

  • いやいや、ただ何も考えずに『マイペース』って言葉を使っただけかもしれない
  • 自分自身が「私ってマイペースなところがダメだな」と思ってて、八つ当たりしただけかもしれない

とか、そういう反論を並べて書いてみることで、向き合うべき感情がわかってくるんですね。

 

【参考】ガイド付きのアプリを使うと、初めてでも感覚が掴みやすいですよ。

「あれってもしや私のこと?」系もスルーでOK

場の空気や相手が持ってる感情を敏感に察知する力があるHSPは、直接言われて湧いてきた自分の感情は、なかったことにしないできちんと観察しつつ、反論も大切にしてあげることが有効になるんですね。

だけど、自分に対して直接言われたことじゃないとか、悪口や嫌味を間接的に言ってきたりとか。

それから、「あれって直接私のことは言ってないけど、なんか私のことを言ってるんじゃないかと感じる」というシチュエーションで湧いてきた感情も、厳密には自分の感情ではなく悪口や嫌味を言った相手の感情になるので。

そこはどうこうしなくていい部分なんですね。

その辺の違いが冷静に判断できるようになると、無駄に自分のことを責めることもなくなるし、本来ちゃんと大切にして「確かに私は感じてたんだ」っていう感情を消化していくことができるので。

どんどん生きづらさの解消につながっていきます。

参考にできそうな方は、取り入れてみてくださいね。

 

音声は↓の再生ボタンを押すと聞けます。

HSPHSS専門メンタルトレーナー|気質×性格×能力=個性|少数派な内面を持つ人の笑顔と自信を増やすサポートをしています。

関連記事