2020年の投稿が出てきたので掘り起こしました。高校の話|働く大人|夢分析

こんにちは、ももかです。

過去の投稿を読み返していたら、2020年7月~10月くらいに考えていたことが出てきたので。記録用に掘り起こして再投稿します!

  1. 高校時代の思い出話
  2. 会社員に憧れた話
  3. 夢分析の話

こちらの3本になります。

過去のつらい経験は「かわいそう」アピール?|高校の話

(2020年7月くらいの話)

今日の午前中は健康診断で、久しぶりに出身高校の近くを通りました。

3年間通った駅から「部活の朝練辛かったな」とか「文化祭の後、あそこのカラオケで打ち上げしたな」とか、当時を思い出しつつ病院まで歩きました。

学校の前は通らなかったけど、14年ぶりに通学路を歩いて、やっと過去にできたような気がします。

保健室と図書室のウラ

私にとって高校時代は黒歴史。

体調が悪くなるたび、母が何度も高速を飛ばして迎えに来てくれて。授業中我慢できず床に座り込んでしまい、その後保健室に駆け込んだこともありました。

薬の副作用で朝起きれず遅刻して、教室に入りにくくて、4階の図書室裏の通路から、ぼーっと空を眺めていたり。その通路から、校庭でサッカーしている生徒を見おろして、賑やかな声に切なくなったり。

仲良くしてくれる友達はたくさんいて、ハブられたり、いじめられることもなかった。みんな心配してくれた。ひとりになりたいけど、ひとりになるのが怖かった。

「私は、このまま生きていかなきゃいけないのか…」

「友達といると楽しいけど、なんか無理してる気がする」

そんなことを考えていた気がします。

「かわいそう」アピールがしたいだけ?

だけど。大人になって月日が経つうちに、そんな記憶も実は私の勘違いだったのかも、と思うようになりました。

過去を悪者にして「私はかわいそう」と、大変だったアピールをしたいから、いつまでもそう思っているのでは?と。

最近とくに、過去に囚われているだけなのでは?と思うようになったんです。

いい加減、忘れなよ。いつまで、たった3年間のことに囚われてるの?被害者アピールしてるから、いつまで経っても、そこから抜け出せないんだよ。

そんなことを、心の中の私が呟くようになりました。

楽しかった記憶も「なかったこと」にしてない?

苦しかったし、大変だったのは事実。だけど、本当にそれだけ?

本当に全部が全部、消したい過去なの?楽しかった思い出、大切にしたい思い出も、なかったことにしてるだけじゃないの?

久しぶりに、14年前と同じ道を歩いてみて。

「私の高校生活は、苦しくて大変だったけど。それなりに楽しいこともあった…のかもしれない」と、しんみりしました。

飲みながら文句言いつつ思い出話する|働く大人への憧れ

(2020年7月くらいの話)

20代前半のころ、男性9割の会社でがむしゃらに仕事していて。先輩に「ジャンヌダルクになれ」と言われたことがありました。

そのときは、よくわかんないけど女戦士的な意味?くらいにしか思わなくて。周りの声も右から左に受け流して、ただ頑張ることしか方法がわかりませんでした。

結果的に体調崩して心を病むという処刑を受けたけど。

私はジャンヌダルクになれていたのかなぁ。風穴開けられたのかなぁ。

大企業の管理職になりたい

ずっと父みたいに大企業で管理職になるのが目標でした。(父は長年管理職を務めたあと脱サラして起業してます)

大学生のころから組織で働くサラリーマンに憧れがあって。でも「あれ?私、このまま会社で働くって無理かも」と、なんとなく悟ってしまって。

フリーランスに片足突っ込んで、「既にある組織が無理なら、自分で組織を作ればいい」と思って、仕組みを作ること、人を巻き込むことを考えて働きました。

それも、ことごとく失敗して強制終了。

働く大人

「私は普通に働けないのかな」と思いつつ、どこか組織・サラリーマンへの憧れが捨てきれず。

このまま頑張っていれば、いつかまた正社員として、みんなと一緒に働ける。

泣いたり笑ったりしながら、文句言ったりケンカもしながら。飲み屋さんで過去を振り返って「あいつ最初は嫌いでさ笑」みたいな、思い出話をワイワイする。毎日淡々と業務をこなしながら、繁忙期やピンチのときはテキパキと頼もしく指示を出す。

こういう働く大人になりたかった。

仕事のできる男性と父の姿

いつもいつも、私が憧れるのは仕事のできる男性。恋愛感情ではなく。

「あんな風になりたい」

「追いつきたい」

「同じ世界にいたい」

と思う。不思議と女性に憧れることはない。

それもそのはず。私が追いかけて、なりたいと切望していたのは、きっと父の姿。でも、私は父にはなれないみたい。(と、書きつつ、「そんなことない!なれる!」と、まだ未練が…)

なかなか、違う道を受け入れるって難しいね。

バレー部の夢。できなかったことしか浮かばない|夢分析

(2020年10月くらいの話)

私はバレーボールの夢が精神状態のバロメーターです。夢といっても目標ではなく、睡眠中に見るアレです。

よく中学時代のバレー部の夢を見るんですが。大学で夢分析を習ったので、夢から精神状態を分析する習慣がつきました。

部長なのに足を引っ張っている!

生きづらさ真っ只中のときは、試合中に得意のサーブが決まらず「なんで入らないの!?部長なのに足を引っ張ってる!なんとかしなきゃ!」と焦っている夢を頻繁に見ました。

当時すごくサポートしてくれた副部長が必ず出てきて、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

本当に全身の筋肉が緊張する体の感覚まで伝わってきて、起きた瞬間になんとも言えない悔しさを覚えます。

この夢を見ると「結果が出なくて焦ってるな」と自分を見つめ直します。

副部長へ「一緒にやろう」

生きづらさが弱まってきたとき、1度だけ夢の内容が変化しました。

目の前に顧問の先生がいて、私はパイプ椅子に座って指示を受けています。内容は忘れたけど、とても1人では対応しきれないので、「どうしよう」と戸惑っていました。

そして後ろを振り向くと副部長がいて。私は副部長に向かって「一緒にやろう」と声をかけました。

起きた瞬間に、自分のステージが変わったのだと思いました。このときから、しばらくバレーボールの夢は見なくなりました。

消えた副部長

ところが昨日、またバレーボールの夢を見たんです!今度は砂浜でビーチボールをしてました!(ボールは硬いガチのやつ)

大勢の知らない人たちばかりで、みんな初心者で男の人もいました。副部長はいません。

私は一番後ろから、男の人が取りこぼしたボールを拾って必死にフォローしてました。

取れるか!?落とすか!?というギリギリのところで必死のレシーブです。次につなげられず、手を出すのがやっとでしたが。

本当に好きだったのは

起きてから、いつものように夢分析をしました。

ずっとずっと。私のバレーボールの記憶は、自分勝手にメンバーを振り回したこと、キャプテンなのに試合で負けると1番泣く、っていう「上手くできなかったと感じたこと」に浸食されていたんです。

今回の夢で、ボールをつなぐのが1番好きだったと思い出しました。

サービスエースを決めて流れを変えるのは気持ち良いし、セッターとして自分の采配でメンバーが活躍できるのもやりがいあるけど。

バレーボールの何が楽しいって、チーム全体でボールをつないでピンチをチャンスに変えることなんです。

社会に出てリーダーは結果を出す人と思ってから、チームでやることの楽しさを忘れていたようです。

なんだか、とても大切なことを思い出せた気がします。

こんな時期もありました

はい、2022年5月に戻ってきました!

私の原点は、2017年に10年分の日記をアメブロに書き写して公開し、当時の自分に対して、現在の私がコメントを書くという荒療治から始まっています。(このときは読者さん1人もいなかった)

やってること変わらないやないかーーい!笑

この記事書くまで忘れてたけど、本格的に発信を始めたのが2017年5月~6月あたりなので。丸5年経ったのか。

自分と向き合う決意をしたのが2015年。あれ?もう7年か。やばー

こんな時期もありましたっていう記録です。

それでは~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!