夢分析

私はバレーボールの夢が精神状態のバロメーターです。夢といっても目標ではなく睡眠中に見るアレです。

よく中学時代のバレー部の夢を見るんですが。大学で夢分析を習ったので、夢から精神状態を分析する習慣がつきました。

部長なのに足を引っ張っている!

生きづらさ真っ只中のときは、試合中に得意のサーブが決まらず「なんで入らないの!?部長なのに足を引っ張ってる!なんとかしなきゃ!」と焦っている夢を頻繁に見ました。

当時すごくサポートしてくれた副部長が必ず出てきて、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

本当に全身の筋肉が緊張する体の感覚まで伝わってきて、起きた瞬間になんとも言えない悔しさを覚えます。この夢を見ると「結果が出なくて焦ってるな」と自分を見つめ直します。

副部長へ「一緒にやろう」

生きづらさが弱まってきたとき、1度だけ夢の内容が変化しました。

目の前に顧問の先生がいて、私はパイプ椅子に座って指示を受けています。内容は忘れたけど、とても1人では対応しきれないので、「どうしよう」と戸惑っていました。

そして後ろを振り向くと副部長がいて。私は副部長に向かって「一緒にやろう」と声をかけました。

起きた瞬間にステージが変わったのだと思いました。このときから、しばらくバレーボールの夢は見なくなりました。

消えた副部長

ところが昨日、またバレーボールの夢を見たんです!今度は砂浜でビーチボールをしてました!(ボールは硬いガチのやつ)

大勢の知らない人たちばかりで、みんな初心者で男の人もいました。副部長はいません。

私は一番後ろから、男の人が取りこぼしたボールを拾って必死にフォローしてました。取れるか!?落とすか!?というギリギリのところで必死のレシーブです。次につなげられず、手を出すのがやっとでしたが。

本当に好きだったのは

起きてから、いつものように夢分析をしました。

ずっとずっと。

私のバレーボールの記憶は、自分勝手にメンバーを振り回したこと、キャプテンなのに試合で負けると1番泣く、っていう「上手くできなかったと感じたこと」に浸食されていたんです。

今回の夢で、ボールをつなぐのが1番好きだったと思い出しました。

サービスエースを決めて流れを変えるのは気持ち良いし、セッターとして自分の采配でメンバーが活躍できるのもやりがいあるけど。

バレーボールの何が楽しいって、チーム全体でボールをつないでピンチをチャンスに変えることなんです。

社会に出てリーダーは結果を出す人と思ってから、チームでやることの楽しさを忘れていたようです。

なんだか、とても大切なことを思い出せた気がします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!